こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

 

前回(便利な検索手法「渋谷から◯◯」「◯◯ 天気」)同様、ちょっとした検索スキルについてご紹介です。

  • 海外での検索結果が知りたい!
  • 海外のサイトでショッピングしたい!

という声を少し頂きましたので、ざっとご紹介致します。日本から「google.com」に直接アクセスしてしまうと、実は「google.co.jp」にリダイレクトされてしまいます。

そこで、転送されない方法をご紹介します。

  1. http://www.google.com/ncrにアクセス!(コピペして見て下さい)
  2. google.co.jpの右下にgoogle.comリンクがあるのでそこをクリック!
  3. 検索設定(歯車マーク)で言語を英語にする

はい、以上になります。

こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

本日は著者がよく使用する検索機能の一部をご紹介します。特殊検索の手法は以前ご紹介しましたが、今回はこの2つです。

  1. 電車の乗り換え案内
  2. 天気

実際、説明する必要もあまりないかもしれませんが、1に関しては「◯◯から△△」と検索してみて下さい。

inage

こちらは「渋谷から稲毛」と検索した場合の結果です。ホントすごいですよね。乗り換え案内アプリを使わずとも、ネットに繋がるならGoogleで検索した方が精度がよいかもしれません。

 

 

 

shibuyaweather

続いてこちら。「渋谷 天気」で調べました。温度、降水確率、風がわかっちゃいます。流石Google先生。

原発買って、人口衛星買って、莫大なサーバ買って、すごいスピードで世の中牛耳っていく姿はまさに未来を創っていますね。

今回は以上です。

こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

SEOに従事している方ならこのページの有用性を理解してくれるはずです…筆者も頻繁に使用します。だからみなさんがコピペできるようにただただ列挙させて頂きます。

47都道府県(「都」「府」「県」有り)

北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

 

47都道府県(「都」「府」「県」無し)

北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
富山
石川
福井
山梨
長野
岐阜
静岡
愛知
三重
滋賀
京都
大阪
兵庫
奈良
和歌山
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄

 

東京23区+市町村

千代田区
中央区
港区
新宿区
文京区
台東区
墨田区
江東区
品川区
目黒区
大田区
世田谷区
渋谷区
中野区
杉並区
豊島区
北区
荒川区
板橋区
練馬区
足立区
葛飾区
江戸川区
市部
八王子市
立川市
武蔵野市
三鷹市
青梅市
府中市
昭島市
調布市
町田市
小金井市
小平市
日野市
東村山市
国分寺市
国立市
福生市
狛江市
東大和市
清瀬市
東久留米市
武蔵村山市
多摩市
稲城市
羽村市
あきる野市
西東京市
町村部
郡部
瑞穂町
日の出町
檜原村
奥多摩町
島部
大島支庁
大島町
利島村
新島村
神津島村
三宅支庁
三宅村
御蔵島村
八丈支庁
八丈町
青ヶ島村
小笠原支庁
小笠原村

 

以上です。

皆さんこんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

今までスマートフォンサイトあるのかな?このサイトスマートフォンに対応しているのかな?と思って実際にスマートフォンでそのサイトを見られた方がいらっしゃるのではないでしょうか。

ChromeやFirefoxのアドオン・エクステンションにユーザーエージェントスイッチャーというものがありますがそれを導入しなくても、そもそも備え付けられているChromeの機能でPCからアクセスして、スマートフォンサイトの有無を確認できるのです。

そのサイトがスマートフォンからアクセスした際にどのように表示されるのか実際に確認してみましょう。

至って簡単です。

  1. F12を押して見ましょう(もしくは右クリックで要素を検証を選択)
  2. 右下の歯車を選択
  3. SettingのOverridesの選択
  4. User Agentにチェックしてどんなデバイス経由でそのサイトを見たいか選択
  5. Enableにチェックが入っていることを確認してリロード(F5)

以上です。

今見ているサイトがそのデバイスからアクセスした際のサイトです。

リダイレクトがかかっているならスマートフォンユーザーに対しては、◯◯にアクセスした際、△△に飛ばすという命令がなされているんでしょうね。

スマートフォンサイトとPCサイトの最適化方法はこちらをご覧ください。スマホ・PCサイトの最適化(URLが同じもしくは異なる場合)

こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

筆者はよく喫茶店を利用します。ブログの更新にしても読書にしても、職場と家に続き、第三の場所として非常に重要な役割を持っています。

カフェにはたくさんのメリットがあります。

  1. 少し雑踏としていてなんか見られている感があるからだらけられない。+俺かっこいい感で頑張れる(特に美女が近くにいればもう尚更)
  2. お金払うのでだらけるともったいない。+もとを取り返すぞ~という気持ちで頑張れる
  3. 筆者の先祖は放牧民俗だったので(痛)、場所を変えることで飽きない

もちろんデメリットもありますよ。例えば、タバコが~とか、隣が~とか、長居しすぎると申し訳ない~とか、深夜の時間的あれもありますし、お金もかかりますし…っていうデメリットも踏まえた上でメリットの方が大きいので、カフェでよく仕事しています。

さて、冒頭長くなってしまいましたが、今回は私自身が検索ユーザーとなった体験を基にWEB戦略を考えてみたいと思います。

まず、筆者が本日の仕事場所を探す際に検索したワードは「カフェ」しかも「スマートフォン」で検索しました。

カフェ検索結果

ご覧の通り検索結果に地図がドーンとでて来ます。こちらはPCで検索しても出てきません。例えば「ホテル」「漫画喫茶」「歯医者」「居酒屋」「マクドナルド」などで検索した場合もPCでは出てこず、スマホだから出てくる現象なんです。

そして、現在の自分の位置情報(GPS)から近くのカフェを探してくれました。

この検索結果は私が渋谷付近で「カフェ」と検索したからこのような結果になったのです。

ただ、「カフェ」と検索してもなかなかしっくり来る場所がありませんでしたので、やっぱり安定の「ルノアール」でしょってことで、「ルノアール」と検索しました。(※電源有り、値段が高い、サービスが充実、コーヒーが美味しい、周りが商談とかビジネスの話をしている人が多いので落ち着く+長居できる)(既にルノアールを知っている人の検索手法ですね。)

ルノアール検索結果

ふむふむ、近くに幾つかありますね。(※PCで調べても地図は出て来ません。2013/9/29)ということで、今回はルノアールに行きました。

いやー、ユーザー体験をして初めてローカルSEO(MEO)の大切さが分かります。PCでも「カフェ 渋谷」と検索すれば、地図はでてきます。もちろんスマートフォンでも。

ただ、スマートフォンユーザーは検索キーワードを長く打たない傾向にあります。つまりビッグワードですね。もしくは、検索キーワードを打って半角スペースを押した時に出てくる補助検索をタップします。

この地図検索に引っかかるようにするためには、NAPが非常に重要となってきます。過去の記事を御覧ください。ローカルSEO(MEO)の手引き

スマートフォンデバイスの進化と共に検索ユーザーの検索キーワードも変化し、その対応に企業としてもウェブサイトを最適化することが非常に求められているのではないでしょうか。

 

こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

先日このような記事を書きました。ビジネスモデルと商品を理解しないとSEOは出来ない

SEOコンサルタントの私が言うのもなんですが、上がるか上がらないかではなく、儲かるか儲からないかが大事だと考えています。ゴールが「儲かること」ならアプローチ方法がSEO対策であっても、SEMやSNS、アフィリエイト、純広告であっても良いと思っています。

そして、どう考えても今、SEO対策を行うべきではない状況も中にはあるわけです。

その中で、担当者が追っているKPIが細分化された「購入数」、「会員登録数」、「お問い合わせ数」、「アクセス数」、「PV数」ならそこを狙いに行きます。

ただ、それすらも達成出来ないような見通しなら、やらない方が良いでしょう。

また、予測で「儲かる」となったとしても、思い通りにいかないのがSEOです。

様々な要因でサイトが評価されない可能性があります。キーワード有りきの「順位コミット型SEO」は高度化する検索エンジンの現状では非常にリスクがあります。

ただ、成功した時の効果は絶大です。

リスクをとって一人勝ちを狙いに行くか、リスクを避けて地道に行くか選択して頂きます。

こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

SEO対策には様々な種類があります。大枠から考えてましょう。まずは下記の2点

  1. マーケティングな観点
  2. 技術的な観点

マーケティングに関しては内部対策・外部対策を実行するにあたっての初期の計画(入り口)となりますので、実行後の明暗を分けることになるかもしれません。

  • 検索回数(市場)
  • 検索回数の推移(伸びしろ)
  • ロングテールワードの存在(伸びしろ)
  • ページの有無、コンテンツの有無(ユーザーニーズのマッチ度)
  • 検索結果との整合性(検索エンジンとのマッチ度)
  • 競合他社の存在(キーワードの難易度)
  • 商品購買率、お問い合わせ率(CVR)
  • 効果予測・測定(アクセス解析)

などなど、様々な観点でキーワードを分析することはSEO対策において最も重要な作業です。

続いて、技術的な観点です。「内部対策」「外部対策」があります。一般的に「SEOの内部対策」と言うと、小手先感が非常に強いですが、サイトのチューニング程度のtitle属性・alt属性の書き換えやtitle・h1だけではありません。

などなど、最適化と一言で言っても様々な手法があります。筆者も日々研究しておりますが、まだ見ぬ手法もたくさん有ると思います。

外部対策に関してもそうですね。

  • IP分散
  • アンカーテキスト分散
  • リンク先との関連性
  • 発リンク数
  • 恒常的に増える仕組み
  • リンク基のページランク

などなど。

その他にも、SNS・プレスリリース・ディレクトリ登録・相互リンク・ウィジェット配布・スクレイピングなどなどSEO対策の手法は様々ですね。

今後の外部対策に関しては「リスク管理」が非常に重要になってきます。高度化するGoogleアルゴリズムに対応するためそこの会社がどういった研究開発を行っているかを聞くことで、そこの会社の力の入れようが分かります。

また、営業マンベースにそこのノウハウが落とされているかどうかも非常に重要な要素になっています。ブラックハットなSEO対策をできるだけクリアにきちんと説明される業者が少ない(「そこはノウハウになりますので…」と言ってお茶を濁す業者は・・・ですね)と感じますので、是非、業者に依頼する際はどれだけリスク管理に力を入れているか聞いた方が良いでしょう。

話が少しずれてしまいましたが、SEO対策と一言で言っても、マーケティングなのか、内部対策なのか、外部対策なのか、またその内約も様々です。SEO対策を始める前にどのような内容か詳しく聞いてみましょう。