大量生成ページは最近のSEO的にどうよ?って質問に応えるための記事


こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

大規模サイトでよく問題になることがあります。
それは、”ページの数“と”コンテンツの質“の問題。

コンテンツの質を担保しつつ、ページを量産することが出来ればなんといいことだろう。

サイト運営者なら一度は考えたことがありますよね。
そもそも検索エンジンからのトラフィックって基本下の公式なんです。

検索エンジントラフィック=「入り口の数」×「入り口の流入数」
=「ページの数」×「ページの流入数」
=「ページの数」×(「流入ワード数」×「検索回数」×「クリック率」)

ここで、「ページの数」というのが実はすごく大事。コンテツの質を担保しつつページの数を増やし続けられればなんと良いことだろう。と日々考えます。

さて、本題です。
大量生成ページは最近のSEO的にどうよ?って質問にお答えします。

ページの数を増やせばアクセスを集められる。そんな世界はGoogleパンダ・アップデート以降なくなりつつあります。

特に大規模サイトでよくあるパターンが、データベースからコンテンツを引っ張ってきて並び替えたり、カテゴライズしたり、サイト内検索で語句のひっかかるものでページを生成する方法。

生成されたページは静的ページであればGoogleにindexされます。(動的でも比較的簡単なパラメータのみであればindexされます。)
しかし、そういったページはGoogleから高評価をもらえません。
こういったページはパンダ・アップデートのタイミングで大量にindex削除をされ、トラフィックを失ってしまう可能性もありますし、サイト全体の評価も落としかねません。特に顕著に現れているのはECや不動産、求人、レシピ系サイトなどなど。

実際問題、indexされているならアクセスも少なからずありますし、Googleにindexされないようにするのは勇気がいります。Googleアナリティクスで自分のサイトの現状を把握するためにディレクトリ単位、ページ単位、キーワード単位で、トラフィックを計測してみるのも良いでしょう。※後日、ディレクトリ単位、ページ単位、キーワード単位でトラフィックを計測する方法を書きますね。

そこで気付くことはコンテンツを並び替えただけの自動生成ページは意外にアクセスが来ていないことがわかります。

そういった質の低いページ、ディレクトリは「noindexメタタグを使用して、コンテンツを検索結果に表示しないよう指定」したり「robots.txtを使用してディレクトリをクローラー制御」したり、Googleからindex削除していきましょう。

参考URL:http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=93708

ただ、劇薬でもあるnoindexタグは使用方法を間違えると本当に悲惨なことになりかねないので、細心の注意が必要ですね。