こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

前回は本当に使える無料SEOツールをご紹介しましたが、今回はSEOの仕事を行う上で業務を効率化させるためのツールです。

 

めんどくさがり屋の人にオススメのChrome拡張機能をいくつかピックアップしてご紹介します。

▼Ghostery
Chrome ウェブストア – Ghostery

これは訪れたウェブサイトにどんなツールが入っているかを一発で把握するためのツールです。Googleアナリティクスが入っているかどうかf12を押したり、Ctrl+Uで確かめたりするのって本当に面倒ですよね。コレで一発解決しちゃって下さい。もちろんGoogleアナリティクス意外のツールでも検知します。

 

▼SEO for Chrome
Chrome ウェブストア – SEO for Chrome

これはそのページのバックリンク情報やindex状況を調べてくれます。しかし、indexを調べたりバックリンクを調べたりするには回転がちょっと遅いですし、精度も悪いのでおすすめしません。使っていただきたい機能は最下部にチェックボックスがあると思いますが、「Show NoFollow」でウェブサイトのnofollow属性を一発可視化してくれます。nofollowが付いているか付いていないかはSEO従事者にとって非常に重要な問題でしょう。また、サイト研究者にとっても一瞬で分かれば損はないはずです。

 

▼Pasty
Chrome ウェブストア – Pasty

URL一覧をエクセルやCSV,テキストでも問題ありませんので、コピーして頂き、×ボタンを押すだけです。クリップボードに保存されたURLを全て別タブで開いてくれますので一度に見比べたいときや、たくさん開かなければならないときに便利です。※一気にやりすぎるとパソコンのスペック次第ではChromeが落ちますので気をつけて~

 

▼Linkclump
Chrome ウェブストア – Linkclump

右クリックしながら開きたいリンク箇所をなぞると一度に別タブで開いてくれます。Ctrl+クリックでぽちぽちやっても良いですが、一気にいけたほうが楽ですよね。

 

▼Google Quick Scroll
Chrome ウェブストア – Google Quick Scroll

最後に検索キーワードがページ内のどこの箇所に該当するか教えてくれる便利ツールです。論文とか調べててどこに検索キーワードが該当するんだってなるとちょっと煩わしいですよね。Ctrl+fで検索するよりも精度が良いのでおすすめします!

 

エクステンションによって業務効率化できればその分調査に時間をかけられますよね!ではまた次回!

こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

本日は必ずチェックすべきGoogleの公式サイトをご紹介させて頂きます。

世の中のルールになりつつあるGoogleさんの動向はwebでご飯を食べている人なら必ずチェックして置かなければならない情報の一つではないでしょうか。

情報に敏感になり、現状の自分が提供しているサービスにいち早く取り入れることが個人の価値(コンサルの価値)を高める唯一の方法だと最近益々感じるようになりました。

知識の量や、使える技術は確実に経験を積まれこの業界に長くいた人の方があるのは当然だと思います。

しかし、最も新鮮な情報を見つけ、それを応用することに関しては、スタート地点が同じだと感じます。5年前のSEOは著者は知識レベルでしか全くわかりませんが、5年前からSEOに従事されている人は、5年前のSEOを実装することができると思います。

著者含め読者の皆様もそんなところで勝負しようとは考えていないでしょう。「今」ですよね。

今の情報をいち早く取り入れ、活かすことが知識も少ない若い著者世代が勝てるフィールドではないでしょうか。

その観点で、確実に抑えて置かなければならないGoogleの公式ブログというのが、下記のサイトです。

Google ウェブマスター向け公式ブログ

→サイトの運営者向けに検索エンジン最適化となるような情報を随時発信してくれます。

Google Japan Blog

→Googleの最新の動きを全般的にご紹介頂けます。SEOに有利になるようなテクニカルな話はこちらではなかなか見られませんが、全体的にどのような動きがあるのか把握できます。

Inside AdWords-Japan

→アドワーズに関するブログです。SEOだけでなく、SEMも含めてweb集客なので、webのコンサルを全般的にされる方は要チェックです。

Inside Adsense – 日本語

→アドセンスの公式ブログです。上述と同じように、総合的にweb集客を行うためにはSEOだけでなくその他の集客方法も把握していないといけません。

YouTube Japan Blog

→YouTubeの大まかな動きがわかります。

日本版 YouTube クリエイター ブログ

→YouTubeのテクニカルな情報を収集できます。YouTubeもSEO的に考慮しなければならない要因の一つではないでしょうか。

アナリティクス 日本版 公式ブログ

→Googleアナリティクスは無料の解析ツールの中でもやはり群を抜いています。集客し分析し改善に活かすことこそが、解析ツールを導入することのメリットだと思います。SEOを完成させるためにアクセス解析を行う必要がありますし、最新の情報は知っているだけでその人の価値になります。

さて、いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介させて頂きましたブログは全て日本語となっておりますので、より新鮮な情報を求めるなら本場海外のブログを読まれることをオススメします。

またオススメの情報収集方法は、Googleリーダーを使用することですよ!

こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

今回は秀丸エディタというテキストエディタを使用して正規表現を行う方法をまとめました。(正規表現とは規則的に並んだ文字列をパターン化しそれを記号で表現したもの)

あなたの仕事スピードを加速させる最強のツールになり得るかもしれません。是非、本ブログで勉強していって下さい。

まずはじめに正規表現を行うにあたっての設定です。

秀丸エディタを立ち上げましたら、Ctrl+Rで赤枠にチェックを入れて下さい。

・正規表現(R)にチェック  ・検索文字列を強調をチェック  ・置換の前に確認をチェック

秀丸エディタ

 

これで、準備オッケーです。

早速文法のご説明に参りましょう。正規表現特有のメタ文字です。

「.」 : とにかくなんでもいい一文字
正  規  表  現   私は.です
検索できる文字列の例   私は鳥です   私は馬です  私は0です

 

「^」 : 行の先頭
正  規  表  現   ^ありがとう
検索できる文字列の例
× 今日はありがとうございました。
○ ありがとうと言いたい
× 君に心よりありがとう

 

「$」 : 行の最後
正  規  表  現  ありがとう$
検索できる文字列の例
× 今日はありがとうございました。
× ありがとうと言いたい
○ 君に心よりありがとう

 

「+」 : 直前の文字を1個以上連続
正  規  表  現 おー+い
検索できる文字列の例
 おい おーーい  おーーーーい

 

 「*」 : 直前の文字を0回以上連続
正  規  表  現 おー*い
検索できる文字列の例
おい  おーーい  おーーーーい

 

「?」 : 直前の文字がまったくないか、1つだけある。
正  規  表  現 Windows?98
検索できる文字列の例
Windows98   Window98

 

「|」 : いずれかの文字列 
正  規  表  現 IBM|マイクロソフト|Apple|ネットスケープ
検索できる文字列の例
 IBM マイクロソフト Apple ネットスケープ

 

「[ ]」 : 指定した文字のどれか
正  規  表  現 明日は[晴曇雨]です
検索できる文字列の例
明日は晴です
明日は曇です
明日は雨です

 

「[ ]」 : 指定した文字のどれか
正  規  表  現 明日は[0-9]です  ex)[A-Z]もあるよ。
検索できる文字列の例
明日は1です
明日は3です
明日は4です
明日は9です

 

「[^何か文字列]」 : ^のついた文字列を否定
正  規  表  現 A[^A-Z]CCC
検索できる文字列の例 ○  AあCCC
× AACCC

 

「()」 : グループ化 

正  規  表  現 明日(ぼく|わたし)は帰宅します
検索できる文字列の例
明日ぼくは帰宅します
 明日わたしは帰宅します

 

「\1」 : グループ化を出力(\1⇐¥1)
検索正規表現 (会社)
置換側正規表現 株式\1
検索できる文字列の例 会社ほげほげ会社もぐもぐ↓株式会社ほげほげ株式会社もぐもぐ

 

▼その他の頻繁に使う文法(\⇐¥)

\d : 数字を表す[0-9]と同じ
\ : エスケープ文字「\」を
    ・ \をマッチさせたいときなどは\\
\n:改行
\t:タブ
{n,m}:nからm個の数だけ繰り返すことを指す。
         ・ 例)\d{1,2}:数字が1つなしい2つ続く文字にマッチ
    ・ 例)\d{3}:数字が3つ続く文字にマッチ
是非、活用してみてください。

こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

今日はTwitterの特殊検索をまとめました。こんなのあったんだと驚かれる方多いんじゃないですかね。

入力 検索結果 使用例 説明
-rt リツイートを非表示 -rt ワンピース ワンピースに関するリツート意外にツイートです。
near:住所 指定の住所の近く
のツイートを表示
near:渋谷 渋谷の近くでツイートしている人が表示されます。暇つぶしにやってみると意外な発見があるかも!
within:◯◯km 指定の距離内での
ツイートを表示
within:5km near:渋谷 上記と組み合わせて須要するとなお効果的です。
filter:links リンクが貼られた
ツイートを表示
filter:links ポップコーンSEO リンク付きでツイートされている人がわかります。
from:アカウント名 指定のユーザーの
ツイートのみ表示
from:higashimototiji 選挙 東国原さんの選挙に関するツイートが分かります。

なかなか意図して使う機会ないかもしれませんが、実際やってみると意外な発見が結構ありますよ。

こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

今日はGoogleの特殊検索をまとめました。

入力      検索結果       使用例          説明

A | B 「A」または「B」が含まれているページ  Google | Yahoo! どちらで探せばよいか分らない場合など使えます。
例えば「会社概要 | 運営会社」もありです。
A*B AとBに挟まれる文字を含むページ  富士山の高さは*メートル 富士山の高さは*メートル的な使い方。
ナレッジグラフが日本に到来してからこういった使い方も減ってくるかも知れません。
数式 数式を計算  y=2*x+1 プロットしてくれるので、数学の問題などでイメージつきづらいものがあったらGoogle先生に聞いてみると良いかもしれません。
site:URL 指定したURLの下層ページのindex状況  site:http://popcornseo.jp/ ブログ始めたばかりなので2012/12/18は18件しかindexされておりません。アクセスの増減はindex数の増減と言っても過言ではありませんのでチェケラ。
inurl:abcd abcdを含むURL  inurl:onepiece onpieceに関するウェブサイトがたくさん出てきますね。
related:URL URLの関連サイトのページ  related:ja.wikipedia.org/wiki/富士山 ウィキペディアの富士山ページは富士山について詳細に書かれておりますので、富士山に関連するページが沢山でてきます。
intitle:キーワード タイトルに指定したキーワードを含むページ  intitle:会社概要 会社概要を含むページがずらり。
filetype:拡張子 指定した拡張子のページ  filetype:pdf 電子力学 pdfファイルのページが表示されますので、論文調査などおすすめです。
映画 地名 指定した地域周辺の上映情報  映画 福岡 福岡の映画情報が出てきますので、デート前にチェケラですね。
株価 社名 指定した会社の株価がチャート  株価 トヨタ 上場企業の株価が分かる優れものですね。

かなり使える特殊検索なので、是非皆さん使ってみて下さい。