こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

ちょっと興味本位で謎だな-と思った会社名やサービス名の由来を調べてみました。サービス名って各会社想いがあって面白いですね。それでは早速行ってみましょう!

 

アマゾンの由来

南米の大河「アマゾン川」だそうです。あえて世界一長い川である「ナイル川」をはずしたのは、支流がありまくるアマゾン川の様子と、Amazon.comの扱う膨大な商品数をなぞらえたのかもしれません。AからZへ向かっている矢印もありとあらゆる商品を扱うという意味だそうで。

出典元:http://www.i-mezzo.net/log/2006/07/17210728.html

 

Googleの由来

1997年、新しい検索エンジンの名前を考えてドメイン名として登録したときに、googol.comと登録したはずだったのに、google.comと綴りを間違えてしまったのだそう。これがそのまま社名に。ちなみに、最初につけようとしていた「googol」とは、10の100乗のことで、膨大な情報の組織化がGoogleの使命だ、という由来があるそうです。

出典元:http://ure.pia.co.jp/articles/-/14116

 

Wikipediaの由来

「ウィキペディア (Wikipedia)」という名前は、ウェブブラウザ上でウェブページを編集することができる「ウィキ (wiki)」というシステムを使用した「百科事典」(英: encyclopedia)であることに由来する造語。

出典元:http://ja.wikipedia.org/wiki/ウィキペディア

 

エニグモの由来

エニグモという名前は、謎とか不可解のような意味のエニグマに由来する。エニグマは一般名詞なので、今までない言葉に変えたく、語尾をマミムメモと5段活用で変えて、「モ」が一番しっくり来た。

出典元:http://brand-at.jp/enigmo/

 

mixiの由来

人と人が交流するという意味をこめ、『mix』=交流する、と『i』=人、を組み合わせ名付けました。

出典元:http://youpouch.com/2011/01/26/133246/

 

GREEの由来

1960年代後半に提唱された社会学の『Six Degrees of Separation』理論の一部から取ったものです」この理論は「6次の隔たり」とも呼ばれ、簡単に言うと6人の知り合いがいれば、そこから世界中の誰とでも繋がれるといった意味。「Six Degrees of Separation」からgreeだけを抜き出して社名にした訳だ。GREEのロゴが六角形なのもこの「6次の隔たり」の考えを元にしているからなのだとか。

出典元:http://youpouch.com/2011/01/26/133246/

 

DeNAの由来

「eコマースの新しい遺伝子を世の中に広めていく『DNA』でありたい」というメッセージが込められているとのこと。それで社名はDNAではなく、あえてeコマース(ネットで物やサービスを売買すること)のeを入れてDeNAとした訳だ。

出典元:http://youpouch.com/2011/01/26/133246/

 

ゾゾタウンの由来

想像(SOZO)と創造(SOZO)、この二つの単語から(ZO)の字を抜き出して「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」となっています。

出典元:http://zozotown.biotoday.com/2005/11/zozotown_1.html

 

以上です。

こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

2013年、夏の選挙に向けて政治活動が活発化してきましたね。ネット選挙が解禁となったものの、各党のHP制作やWEB戦略はそこまで活発化していない模様。

まだまだ、日本が献金制度がアメリカと比べ、個人レベルに落とし込まれていないことも理由の一つだと著者は思っています。きっと、こんなサービスが有るなんてみなさん知らなかったりするんじゃないでしょうか。楽天政治LOVE JAPAN – ネットで政治献金

さて、今回の記事は勝手に世論調査と題して、各政党のホームページをSEO的に比較し、SEOで言うなればどこが票をたくさん集めているのか?というギリギリライン(ギリギリラインでもないか)をせめて見たいと思います。

よく、SEOのことを、「選挙」で例えることがあります。みなさんもご存知。「外部リンク」「被リンク」「バックリンク」のことですね。「1票=1リンク」とインターネットの世界では数えます。

また、「票の格差」もインターネットの世界でもあるんですが、そこに関してはリンクの質も見なければならないので、今回は単純に「数」を集めいている政党をランキング形式で並べてみました!調査項目は下記の通りです。

  • 被リンク
  • Google+1
  • Tweets
  • Facebookイイネ
  • Facebookシェア
  • index(番外編)

また、調査URLは下記の公式サイトです。

民主党 http://www.dpj.or.jp/
みんなの党 http://www.your-party.jp/
社会民主党 http://www5.sdp.or.jp/
日本維新の会 https://j-ishin.jp/
自由民主党 https://special.jimin.jp/
日本共産党 http://www.jcp.or.jp/
公明党 https://www.komei.or.jp/
幸福実現党 http://hr-party.jp/
日本未来の党 http://nippon-mirai.jp/
新党日本 http://www.nippon-dream.com/
新党改革 http://shintokaikaku.jp/
新党大地 http://www.daichi.gr.jp/

 

それでは早速 “被リンク数部門” です。

1位 日本共産党 810 K 本

2位 民主党 232 K 本

3位 公明党 161 K 本

4位 幸福実現党 118 K 本
5位 みんなの党 67 K 本
6位 社会民主党 48 K 本
7位 日本維新の会 36 K 本
8位 新党改革 7.7 K 本
9位 日本未来の党 14 K 本
9位 新党日本 14 K 本
11位 新党大地 23 K 本
12位 自由民主党 3.6 K 本

日本共産党さん、圧倒的に被リンクを集めていますね!また、意外と自由民主党さんが少なくて驚きました。

 

続きまして、 “Google+1部門” です!

1位 民主党 15,460

2位 みんなの党 4,050

3位 社会民主党 3,182

4位 日本維新の会 2,783
5位 自由民主党 58
6位 日本共産党 43
7位 公明党 11
8位 幸福実現党 11
9位 日本未来の党 10
10位 新党日本 2
11位 新党改革 1
12位 新党大地 0

民主党さん Google+1駆使してますね!SNSの中でもオタク気質な人やギークな人が多いと言われるGoogle+(良い意味で)非常に有効活用されていて、Google+がネット選挙の必勝ルートに成りうるのでしょうか。

 

続きまして、 “Tweets部門” です!

1位 新党日本 16,265

2位 民主党 10,876

3位 日本未来の党 2,933

4位 自由民主党 2,486
5位 日本共産党 1,824
6位 日本維新の会 1,653
7位 みんなの党 1,112
8位 社会民主党 710
9位 公明党 575
10位 新党大地 525
11位 新党改革 202
12位 幸福実現党 35

新党日本さん圧倒的です。口コミの多い情報をどんどん発信されているのでしょうか。それともまた別の秘訣があるんでしょうか。また、2位の民主党さんも非常に強いですね。さて、どんどん参りましょう。

 

続きまして、 “Facebookイイネ部門” です!

1位 日本未来の党 3,300

2位 新党大地 3,152

3位 幸福実現党 2,350

4位 新党日本 753
5位 日本共産党 719
6位 民主党 713
7位 自由民主党 454
8位 公明党 417
9位 社会民主党 346
10位 みんなの党 239
11位 日本維新の会 129
12位 新党改革 6

日本未来の党さん、新党大地さん、かなり均衡した戦いでしたが、わずかに軍配は日本未来の党さんに上がりました!

 

続きまして、 “Facebookシェア部門” です!

1位 幸福実現党 635

2位 日本未来の党 538

3位 新党大地 450

4位 民主党 248
5位 日本共産党 231
6位 社会民主党 128
7位 新党日本 122
8位 自由民主党 83
9位 みんなの党 83
10位 公明党 51
11位 日本維新の会 15
12位 新党改革 13

Facebookイイネ部門の1,2,3位とFacebookシェア部門の1,2,3位の順番が入れ替わりましたね。今回は、イイネ部門で3位だった、幸福実現党さんが1位に輝きました。

 

続きまして、番外編で “index部門” です!

1位 公明党 255,000

2位 日本共産党 88,100

3位 民主党 36,800

4位 幸福実現党 11,300
5位 みんなの党 9,560
6位 新党日本 7,840
7位 社会民主党 4,490
8位 自由民主党 1,100
9位 新党大地 674
10位 日本維新の会 523
11位 新党改革 74
12位 日本未来の党 43

公明党さん、驚きました。桁が一つ違いますね。/news/をものすごく更新されてるようですね。index数はSEOに置いて非常に重要な要素ですし、選挙活動においても、貴重な情報発信ですので、是非続けて頂ければと思います。

 

まとめるとこんな感じです。

政党とSEO

 

様々な形で投票数をランキング化してきたんですが、総合ランキングはこんな感じになりました!

政党のSEO総合ランキング

民主党さん、非常に強いですね~、続いて、日本共産党さん、幸福実現党さんですね。橋本さんのところの日本維新の会さんは、ドメイン年齢も若いし、被リンクも集まってなくて当然っちゃ当然なんですかね。メディアもすごく露出されてますし、ウェブもすごく積極的に使ってらっしゃるイメージだったんですが、上位の党が非常に強かった。

意外と、自由民主党さんが、ウェブに力入れられてないんだな~と感じましたが、なんとも言えないですね。この公式サイトのみでの調査ですので、プロモーション用に別サイトを創られたり、サテライトサイトを創られたりしているかもしれませんね。

この結果から分かることは、ページもガリガリ更新して、SNSも非常に有効活用している「民主党」さんがネット選挙では一歩リードのようなイメージですかね。

政治活動の主戦場がウェブとなれば、若い層とバズ層(インフルエンサー)を惹きつけたもんガチ。SEOならやっていてもはたからは専門家じゃなければ特に分からないし、プロモーションとしてやるなら目付けやく的なSEOコンサルが必要だと思います。

 

こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

本日は、著者が面白いなぁと感じるウェブサービスをご紹介させて頂きます!

特にこれといって条件とかなく、直感で選定させて頂きました。

名前 URL 詳細
タダヤサイドットコム http://www.tadayasai.com/ 無料で野菜がもらえるサイト
Famigo(ファミーゴ) http://www.farmigo.com/ 顔の見える農家、農作物販売サイト
Skype就活.com http://skype-shukatsu.com/ 海外の学生に就活の場を
みらい図鑑 https://mirai-zukan.jp/ OBOG訪問サービス
茶会人訪問 http://www.chakaijin.jp/ OBOG訪問サービス
ジョブカレ https://www.jobcal.biz/ OBOG訪問サービス
ソーシャルランチ http://www.social-lunch.jp/ OBOG訪問サービス
チケットチェキット http://ticket-checkit.jp/ チケット売買サイト
Cure http://ja.curecos.com/ コスプレSNS
UNOTE(ユーノーと) http://u-note.me/ 行けなかったイベントのまとめノートを無料で読み放題
BUYMA(バイマ) http://www.buyma.com/ 世界中のバイヤーから買うサイト
loads http://loads.in/ webサイトの表示速度を計測するwebサービス
wellnote(ウェルノート) http://wellnote.jp/ 家族SNS
すごい時間割 https://www.sugojika.com/ 時間割共有サービス
芸人ラボ http://gein.in/ 芸人に特化したクラウドファンディグ
クラウドワークス http://crowdworks.jp/ エンジニアに特化したクラウドソーシング
ボイプ http://www.shufti.jp/ 声優に特化したクラウドソーシング
Conyac(コニャック) https://conyac.cc/ 翻訳に特化したクラウドソーシング
世界の日本人 http://www.nipponjin.jp/ 近所に住む日本人
市場規模マップ http://visualizing.info/cr/msm/ 市場規模をHTML5で表したwebサービス
senseinote http://senseinote.com/ 先生同士がノウハウを共有
Roomstay(ルームステイ) http://roomstay.jp/ 部屋をホテルにするサービス
ShareWis(シェアウィズ) http://share-wis.com/ 学びが変わる学習サイト
STORES(ストアーズ) https://stores.jp/ 最短2分でネットショップを無料で
BASE(ベイス) https://thebase.in/ ネットショップを無料で簡単に
ドットインストール http://dotinstall.com/ 3分動画プログラミング学習サイト
Librize(リブライズ) http://librize.com/ すべての本棚を図書館に
SoundSlice(サウンドスライス) http://www.soundslice.com/ youtubeを見ながらギターを学べるサイト
Gunosy(グノシー) http://gunosy.com/ 自分の興味にあわせてニュースを表示
Meetrip(ミートリップ) http://meetrip.to/ 旅行先の現地の人が観光案内をしてくれるサービス
ガクセン http://gakusen.jp/ 優秀な学生を検索できるサイト
顔PASS http://www.kaopass.net/portal/ 個人に特典がつくサービス
Grow! https://growmonth.ly/ 自分のサポーターを作成する
ココナラ http://coconala.com/ 特技が売れるサイト
AQUA-STYLES http://www.aqua-styles.com/ 無人島販売サイト
Learn Ever(ラーンエバー) http://www.learnever.net/learnever 個人が自由に学び合えるサイト
Street Academy(ストリートアカデミー) http://www.street-academy.com/ 個人の教える活動を支援するプラットフォーム
キャンプファイヤー http://camp-fire.jp/ クラウドファンディング
みんなのメイク http://mutv.jp/ メイク動画の投稿サイト
チョロリ http://hanage.info/ 鼻毛通知代行サービス

いかがでしたでしょうか。

なんか、SEO的にどうなの?と言われそうなリンク集になってしまいましたが、少しでも読者のみなさんのアイディアのタネになれば嬉しいですね。

こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

最近、ローカルSEO(MEO)について記事を書かせt頂きましたが、今回は今流行りのOtoO戦略ということで、店舗運営をされている方でweb集客に興味のある方に具体的なお話しをさせて頂ければと思います。

OtoO戦略といっても昔からある、web→店舗店舗→webOtoO(オンラインtoオフラインまたはオフラインtoオンライン)という言い方してるだけなんですが、著者もその流行りに乗っとって書かせて頂きます。

まず、「web→店舗」誘導について

流れはいたってSimpleです。webで露出を増やし、魅力でユーザーに足を運ばせることです。

魅力とは、お店を知ってもらうこと。安心感を与えること。お得感を出してあげることです。

お店を知ってもらうためには、今あるウェブサイトの地図情報を設定したりGoogle おみせフォトでお店の魅力をアピールをしたりする必要があります。

Google おみせフォト

ローカルSEOについてはすでに知ってらっしゃる方も多いかと思いますが、おみせフォトに関してはまだ知名度が低く、サイトに載せられている人もかなり少ないと思います。

ユーザーがお店に入らずとも中の雰囲気がわかるというものですごくお店が魅力的に見えます。

著者がもし合コンの幹事をするなら、お店の評価(口コミ)やお店の雰囲気を熟知して臨むでしょう。笑

あとは、ユーザーのひと押しを誘うだけです。

ずばり、web予約だけの「特典」です。
クーポンはそれに当たりますね。初回◯◯%無料って打ち出しても良いですし、Facebookキャンペーンと連動させても十分効果はあるでしょう。

その時は、ユーザーのリピート率と、客単価からどこまで値下げして良いのか、はたまた何をプレゼントして良いのか算出した上で行うことが良いでしょう。

次に、「店舗→web」について

よくあるのは、TwitterやFacebookでバズってくれたらビール一杯無料!とか、◯◯無料!とかです。

もし店舗ページとしてFacebookページが存在するならイイネを押したことで、店舗の配信がユーザーに次回から届きますし、そもそもドラクエで言うところのスライムが仲間を呼んでくれるかもしれませんよ。
チェックインしてくれたら◯◯とかもありですね。

また、著者がおもしおいな~と思ったプロモーションは「IKEAのARプロモーション」です。

リンク先の情報は、カタログについているマーカーが仮想現実になると書いてありますが、例えば店舗で欲しい家具があって、でもサイズが家のあの場所に入るかわからない時に、マーカーだけ持ち帰り部屋とその家具のサイズ感を拡張現実で測って、そこから更にwebに誘導するっていう寸法。

流れは下記のようなイメージ

ARマーカー 拡張現実

web導線設計

※出典元:http://www.ideaxidea.com/archives/2010/06/ikea_ar_catalog.html

webに誘導されたユーザーは一度店舗で家具の感触とか見た目は把握しているわけですから、もう一度webに誘導できれば、コンバージョン率は非常に高いはずです。

この技術を使えば世の中全ての店舗をショールームとすることも可能ですね。

店舗で見せて、ネットで買ってもらえば良いんですから。

さて、ちょっと着地に失敗した感ありますが、web→店舗、店舗→webと相互に考えユーザーを巻き込んで行く方法が今後より求められていることでしょう。

 

 

こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

名前診断って皆様、信用されますか?
名前が持つ意味、親しみやすさ、パワー、売れるか売れないか、成功するか成功しないか。今回の記事では、世の中に革命を起こしたサービスを勝手に名前診断してみました。

こちらのサイトでやってみました。
社名判断【無料】|5秒で姓名判断 店名・会社名・商品のネーミングにも最適!

では、ざーと、一気に行きます!

▼Amazon

Amazon名前診断

■潜在的な特徴
優先的に考慮したい、良い屋号の一つ。
どんなに大きな危機をむかえても、つぶれそうでなかなかつぶれない、中小企業や個人商店には非常に適したおすすめの屋号。方針がブレにくく、隙もできにくい。
商品名やサービス名としては、遊び心が少なく、カタい印象を与えるが、あたたかさや信頼感がある。

 

▼Facebook

Facebook名前診断

■潜在的な特徴
中小企業向きの屋号。多角経営。地域密着型。かならずこうするという強い方針を持たない。周囲の影響を受けやすい。単体で成立することなく強力なバックアップが存在する。儲け主義。
店名・商品名やサービス名としては、カタさや繊細さがなく、あたたかい、やさしい、楽しい、安い、敷居が低いという印象を与える。

 

▼Google

Google名前診断

■潜在的な特徴
大衆向け。敷居が非常に低い。かわいらしい。低価格。カタさがなく愛される。高級品にはまったく不向き。

 

▼Wikipedia

wikipedia名前診断

■潜在的な特徴
競争力がある。精密。隙がない。清潔感がある。攻撃的。敷居が高い。本物志向。高級。

 

▼YouTube

YouTube名前診断

■潜在的な特徴

大衆向け。敷居が非常に低い。かわいらしい。低価格。カタさがなく愛される。高級品にはまったく不向き。

 

▼グルーポン

グルーポン名前診断

■潜在的な特徴
No.1ではなくオンリーワンを目指す名前。独創性のある商品には最適。地域密着型・少人数の組織向け。あたたかみがある。
二番煎じや、特性の薄い商品には不向き。

いかがでしたでしょうか?ただ、診断結果を羅列しただけではありますが、面白い発見があったのではないでしょうか。

ちなみに、ポップコーンSEOはこんな感じです。

▼ポップコーンSEO

ポップコーンSEO名前診断

■潜在的な特徴
この名前の屋号は、雰囲気が家庭的になり、団結力が生まれる。あたたかい、カタく真面目、きめ細かい、ズレを許さない、基本的に手堅いが、時に行き過ぎ・走り過ぎ。敷居がそれほど高くない。
真面目さとあたたかさを兼ね備えているため、商品名・サービス名としては最適の、もっとも優先的に考慮したい非常に愛される名前。

いかがでしたか~?

みなさんも新しくサービスをつけたり、名前をつけたりするときには、こちらの名前診断やってみて下さい。

個人的にはすごく気に入っています。
社名判断【無料】|5秒で姓名判断 店名・会社名・商品のネーミングにも最適!

こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。 今後、ブログを更新していくにあたって、みなさんが求められる情報を発信していくことが長続きする運営のコツなのかなぁと思いまして、ちょっと今後のブログ投稿予定一覧をざっと作成しました。取り留めもない文章になっておりますが、こんな感じのことを投稿していこうと思っています。

ちょっとキャッチーなタイトルちっくに箇条書きさせて頂きましたが、内容はいたってSimpleでOriginalを努めますので引き続きよろしくお願い致します!

こんにちは。ポップコーンSEOの著者松本です。

この度、ブログを始めるに至りました。

SEO、SEM、SMM、WEBマーケ、最新のテクノロジーをこちらのブログではご紹介していきます。

ブログのコンセプトは Simple & Original!

できるだけ分かりやすい文書で、分かりやすい言葉で、どこにもない独創的な記事を書いていくよう心がけます。

みなさんに愛され、ブログを長く書き続けられるよう頑張って参りますので、よろしくお願いします。

松本