WordPressのアーカイブ・タグ・カテゴリをnoindexする方法


こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

最近、著者が最も悩まされている仕様の一つに、WordPressのアーカイブ、タグ、カテゴリーの自動生成があります。

SEO的に、各コンテンツのtitleやmeta-descriptionを抜粋して作られたまとめページというのはどうもGoogle先生にウケがよくありません。

そのページに、その他きちんとしたコンテンツを追加できるなら話しは別ですが、こういったページはすぐにnoindexさせましょう!

noindexは大変危険なタグになりますので、削除するべきかしないべきかサイト運営者様のご判断ですが、Googleアナリティクスのコンテンツ→サイトのコンテンツ→ランディングページ→検索窓にディレクトリ名を入れて検索エンジン経由の訪問数など調べて見て実行に移すと良いでしょう。

よくあるのは、カテゴリー(category)、アーカイブ(dateまたは日付)、タグ(tag)のような形でディレクトリが切られている場合ですね。

このページはだいたい、記事を書けばタイトルと要約文のみ、出てきて一覧表示されます。それは全て記事の引用であり、まとめただけのコンテンツとして今後サイトを更新される度に増えて行きます。

低品質なコンテンツとしてGoogleに取られてもおかしくありません。

さて、それでは、どうやってこの問題・課題を解決するか。至ってSimpleです。

 

All in One SEO Pack」というプラグインを取得して、下記3ステップです。

ステップ1:プラグイン状況をEnabledにして下さい。

ステップ2:「カテゴリー」、「アーカイブ」、「タグ」をnoindexにするを☑して下さい。

ステップ3:最後に「設定を更新」を押して下さい。

 

全てのカテゴリー、アーカイブ、タグにnoindexが入りますので、本当に注意して行なって下さいね。でも、大量にこのページが生成されて、Googleの評価を下げているとしたら効果は非常に高いです。

また、WordPress SEOとかその他プラグインでもアーカイブをnoindexする的な項目がありますので、そちらでやってみて下さい。