【最新】Googleアルゴリズムアップデートの歴史


こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

今日はGoogleアルゴリズムアップデートの歴史をご紹介させて頂きます。

  1. Big Daddy Update(ビッグダディ・アップデート)  - 2005/12  スパム排除を主な目的とした実験データセンターである「Bigdaddy」が更新されました。主に低レベルなSEOを排除する目的のようです。
  2. Dewey Update(デューイ・アップデート)  - 2008/4  日本国内への影響はほぼなし。英語圏の何かしらの変動と言われています。
  3. Vince Update(ヴィンス・アップデート)  - 2009/2  trust、reputation、authority、PageRank」を考慮するようになりました。また、「ブランド」力の強いサイトを上位表示するように変更したとのこと。
  4. May Day Update(メーデー・アップデート)  - 2010/5  よりクオリティの高いサイトがロングテール検索で上位に現れるようになりました。この頃からロングテールという言葉が流行し始めました。
  5. Caffeine Update(カフェイン・アップデート)   – 2010/6  クローリングとインデックスの精度の大幅な向上を行いました。
  6. Scrapers Update(スクレイパー・アップデート)  - 2011/1  スクレイピングコンテンツ(コピーコンテンツ)を規制するアップデートです。
  7. Panda/Farmer Update(パンダ/ファーマー・アップデート)   – 2011/2  コンテンツの品質についてのアップデート。日本国内への影響はほぼありませんでした。
  8. Penguin Update (ペンギン・アップデート)   - 2012/5  低品質な外部リンクを減点評価するアップデート。今までの加点方式のアルゴリズムから、減点方式のアルゴリズムへ。
  9. Panda Update(パンダ・アップデート)   – 2012/7  パンダ遂に日本上陸。コンテンツの品質を重視するようになりました。重複コンテンツやコンテンツの内容を見るように。

今日に至るまで様々なアップデートを繰り返して、Google検索の品質を保って来ている様が分かります。

引き続き、大きなアップデートのタイミングでこちらの記事は更新させて頂きます。Googleアルゴリズムのアップデートの歴史はこちらのページから。