【最新速報】データハイライターとは/HTMLをマークアップしない構造化データをGoogleに


こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

セマンティックウェブの魁のようなツールがGoogleから本日(2013年2月20日)提供されました!

Google ウェブマスター向け公式ブログ: データ ハイライター を利用して、イベント情報を Google 検索に表示させよう

▼以下、引用

==========================

これまでは、サイトのHTMLコードをマークアップする方法しか、Googleに構造化データを提供する方法はありませんでした。
しかし、ウェブサイトによってはマークアップするのが難しい場合があります。
そこで、Googleは、HTMLコードを変更する必要がない簡単な方法として、「データハイライター」をウェブマスターの皆さまに提供します。
現時点では、対応する構造化データはイベント(コンサートやスポーツイベント、展覧会、ショー、お祭りなど)のみとなっていますが、今後、他のデータタイプにも対応していく予定です。
データハイライターは、HTMLコードを変更する必要はなく、クリックするだけで操作できる簡単なツール
使い方は、ウェブサイト内にあるイベント情報の載ったページ上で、主要なデータを1つ1つマウスで選択しハイライトしてタグ付けをするだけです。
同様に、一定の形式で書かれたイベント情報が複数ページに渡る場合も、いくつかのページに対してタグ付けを行うと、データハイライターは形式の種類を学習し、タグの候補を表示します。

通常、手動で5~10ページ分のタグ付けをすれば、Googleの高度な機械学習アルゴリズムは、サイト内の他の似たページも認識できるようになります。
それ以降、Googleはサイトをクロールしたときに最新版のイベントリストを認識し、それを検索結果の表示対象にします。

Googleウェブマスターツール左のサイドバーにある「最適化」リンクをクリックし、続いて「データハイライター」をクリックするだけ。

datahighlighter

==========================

ポイントを箇条書きさせて頂きます。

  • 現時点では、対応する構造化データはイベント(コンサートやスポーツイベント、展覧会、ショー、お祭りなど)のみ
  • HTMLコードを変更する必要はなく、クリックするだけで操作できる簡単なツール
  • いくつかのページに対してタグ付けを行うと、形式の種類を学習し、タグの候補を表示する
  • 手動で5~10ページ分のタグ付けをすれば、Googleの高度な機械学習アルゴリズムで、サイト内の他の似たページも認識できるようになる
  • クロールしたときに最新版のイベントリストを認識し、それを検索結果の表示対象にする

とにかく夢のようなツールですね。クリック率を向上させたり、集客するためには必ずと言って良い程、必要なツールではないでしょうか。

感覚的にはワードプレスなどのCMSが世に出回り、HTML、CSSなどの知識がない人でも、ポチポチっとやり方さえ覚えれば、できるようなそんなイメージです。

特に今回は、セミナーやイベント情報の構造化データを伝えることができるということで、集客担当の方は熟読必死です。