【SEOをご検討の方へ】SEO対策のリスク一覧


こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

どんなサービスに対してもリスクはあります。

例えば、空気清浄機を買いました。それに対するリスクは?と言われれば、「空気清浄機が故障していた」、「空気清浄機から発火した」、「買った空気清浄機よりも良い空気清浄機が安価で市場に出ていた」、「空気清浄機が法的な理由で使用停止になった」など極端な例も含めてリスクは存在しています。

どんなサービスに対してもリスクはあります。ただ、そのリスクが大きいか小さいかの違いです。

市場的リスク、法的リスク、技術的リスク、在庫リスク・・・etc 一つのサービスを阻害するような様々なリスクが存在します。

その様々なリスクをヘッジできるサービスが優れたサービスであり、ユーザーエクスペリエンスを高く持っていけます。

 

FXや投資、証券など先が見えない無形商材に関しては儲かる根拠があったとしても100%ではありません。「やってみないと分からない」状況なのです。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回は無形商材であり、「やってみないと分からない」SEO対策のリスクについて書き出してみました。

 

順位が上がるかどうかわからない

もうなんといってもここですね。100%ではないんです。コミットも出来ないんです。ただ、成果報酬で10位以内保証があったとしても、まぐれ上がりを狙っている業者かもしれないし、非常にペナルティのリスクをとった手法で施策するかもしれません。

その業者が上位表示率◯◯%と謳っているものをそのまま鵜呑みにせず、実績を見せられても鵜呑みにせず、その会社の規模や第三者評価(口コミ)、また順位以外の提供している価値などを判断して、最後は「人」で見て頂きたいと思います。

ただ、あんなに良くしてくれた営業マンを信じて契約したのに、担当が変わってひどい営業マンになってしまったなんてこともよくある話です。その「人」がその「会社」を好きかどうか、または「体制」にクライアントを大切にする「仕組み」があるかどうか、なども大切な要素となってきます。

 

順位が上がってもアクセスがあるかどうかわからない

SEO対策は検索キーワードの「検索回数」と「クリック率」有りきの集客手法です。例え狙ったキーワードで順位が上がったとしてもアクセスに繋がるかどうかは別です。検索回数があって、その市場も伸びていて、ロングテール集客も考えられるとなった場合、やっとこさGOですね。

また、施策を開始するにあたって妥当なクリック率で妥当な流入数で考えることが非常に重要です。

 

アクセスがあってもお問い合わせに繋がるかどうかわからない

事前にお問い合わせ率・購入率・成約率(CVR)を知っている場合、それを参考にしてみて下さい。もし、知らない場合は、検索結果を見て下さい。

あなたと同じビジネスモデルのサイトがその検索キーワードで上がっていますか?

上がっているようでしたら、CVする確率が高いです。理由は「検索結果=検索ユーザーが求めるもの」だからです。

もし、上がっていないようでしたら、少し厳しいかもしれませんが、コンテンツの内容と導線設計次第です。「お問い合わせを増やす」方法を考えるのは、「アクセスを増やす」という行為と同時進行か、もしくは、その後に考慮すべきことです。

サイトという壺があって、アクセスという水が入ってきたら、どこから漏れているかも分かるはずです。水が入ってきていない状態で壺の漏れを発見することは難しいです。

 

ペナルティを受ける可能性がある

これは最悪の事態ですので、もしSEO業者に発注する場合は、検索エンジンに対してどのようなリスクヘッジを行っているか聞いてみましょう。深堀りして聞いてみるとほころびがでるかもしれません。

業者の選択が今後のウェブサイトの発展に繋がるか否かがわかれると言っても過言ではありません。無形商材なので、本当にそのようなリスクヘッジ手法をとっているのかも不明です。だからその営業マンを信じるか、第三者評価としてきちんと貴社に対して利害関係のない人の意見も聞くべきかも大事になってきます。

 

SEOの効果測定が難しい

SEO対策は効果測定が難しいプロモーションの一つですね。理由としては検索エンジン経由で1回目訪問したとしても、2回目訪問でリスティングでコンバージョしてしまう可能性があるからです。逆もしかりです。また、直近では、SSL検索がデフォルト化されて検索キーワードが取得されず「(not provided)」となってしまう現象も起きています。

順位が上がったことによるアクセス増加か、市場が大きくなったことによるアクセス増加かわかりません。(ある程度は推測できますが)

WEBの広告において、効果測定が難しいのは非常に痛いことですが、分かることはたくさん有ります。

また、完璧にわからなくても8割わかれば行動にも移せます。

 

様々なリスクが考えられますが、リスクを最小限に抑えられることができればSEO対策は非常に有用なサービスです。また、WEBで集客するためには検索エンジンは外せません。

その他に集客経路があったとしても、恒常的にアクセスを集められるSEO対策は+αで施策すべきではないでしょうか。

どんなサービスにもリスクはあります。