alt属性とtitle属性の間違っている使い方


こんにちは!ポップコーンSEOの松本( @ma_tsutomu )です。

今回はtitle属性とalt属性の使い方について、間違った使用方法を例に、ご紹介して行きましょう。

 

さて、早速ですが、最近著者が見かけたのが、こちら。

<a href=”URL” title=”◯◯”>◯◯</a>

◯◯が同一キーワードで指定されている場合です。「アンカーテキスト=title属性」の場合、SEO的にキーワードの詰め込みと見なされる恐れがあります。

title属性の正しい使い方は「補足的」に使用することです。例えば下記のように使用することが望ましいでしょう。(カーソルを合わせてみて下さい。)

マックお問い合わせはこちら

 

続いて、こちら

<img src=”URL” alt=”◯◯” title=”◯◯”>

◯◯が同一キーワードで指定されている場合です。「alt属性=title属性」の場合も上記と同様にキーワードの詰め込みすぎと見なされる恐れがあります。

alt属性は、検索エンジンが認識できないもの(img、area、applet、input等)に対して、「説明」を表したものです。上記の場合、画像を表す端的な言葉をalt属性には入れなければなりません。もともとブラウザの読み込み速度が遅かったり、読み込めなかったものに対して、alt属性の文字がブラウザ上に表示されていました。ブラウザの発展と共にそういった現象はもうほとんど見かけませんね。

また、title属性に関しては、画像の上にポップアップ?で表示されるので、正直邪魔k・・・なところもありますので、削除した方が良いと思います。ただ、画像を補足的に説明したい方は、alt属性と被らないようにキーワードを入れることがSEO的には好ましいです。